関節痛の原因を知りグルコサミンで予防しよう

体に効率良く栄養補給

緑色の飲み物

加熱せずに雑菌を除去

従来の青汁は、ケールや明日葉などの葉野菜を加熱して作られていました。加熱することで雑菌が除去されるので、安全性は高くなるのですが、しかしそれによって、栄養分もある程度失われていました。たとえば、葉野菜には酵素が多く含まれているのですが、酵素の力は50度ほどの熱で弱まってしまうのです。そのため昨今の青汁は、フリーズドライ製法で作られるようになっています。短時間で乾燥させるという製法で、これにより加熱しなくても雑菌を除去できるようになりました。加熱していないので、酵素もしっかりと効果を発揮できる状態で残っています。葉野菜の栄養分も酵素もたっぷりと摂取できるため、青汁の注目度は以前よりもさらに高まってきています。

含まれている栄養分

葉野菜には、具体的には食物繊維とビタミン類が多く含まれています。食物繊維には、腸内環境を整える作用と、脂肪分が体内に多く吸収されないようブロックする作用とがあります。そしてビタミン類には、酸化を防ぐ作用と、血液や皮膚を良質なものとしていく作用とがあるのです。さらにこれらの栄養分は、酵素によってスムーズに体内に吸収されますし、各組織で効率良く使われるようになります。つまり酵素を一緒に摂取することで、これらの効果は一層高くなるわけです。そのため、栄養分と酵素とを同時に摂取できる、フリーズドライ製法で作られた青汁は、健康と美容のために多くの人に飲まれています。低カロリーなので、ダイエットのために食事代わりに飲んでいる人も多くいます。